PR
スポンサーリンク

犬 ハーネス 抜けない おすすめ/抜けるの防止の解決の種類

犬の散歩中に抜けにくいハーネスのおすすめは?

犬の散歩中に抜けにくいハーネスのおすすめは?

  • 胸ベルト式ハーネス
  • 胴体ベルト式ハーネス

どちらのタイプも、犬の体の大きさや体形に合わせてサイズを調整できるものがおすすめです。また、通気性や耐久性にも考慮して選ぶとよいでしょう。
具体的な商品として以下のようなものがあります。
Ruffwear フロントレンジハーネス
KONG ノータッチハーネス
アメリカのペット用品ブランド「KONG」のハーネスです。胴体ベルトにバックルがないため、着脱が簡単なのが特徴です。また、通気性にも優れており、暑い季節でも快適に使用できます。
お散歩お助けハーネス
犬の性格や好みに合わせて、最適なハーネスを選んであげましょう。

犬のハーネスが抜けるのを予防するには?

犬のハーネスが抜けるのを予防するには?
正しいサイズのハーネスを選ぶ
犬のハーネス犬の体に合ったものを選ぶことが大切です。ハーネスが緩すぎると、犬が抜けやすくなってしまいます。ハーネスを装着した状態で、犬の指をハーネスの間に1〜2本入れる程度の余裕があれば、適切なサイズです。
ハーネスを正しく装着する
ハーネスを正しく装着することも、抜けるのを防ぐために重要です。ハーネスの肩ひも犬の肩甲骨のあたりに、胸ひもは犬の胸骨の下あたりに配置します。ハーネスのバックルが、犬の背骨の中央にくるように調整します。
ハーネスの状態を定期的に確認する
ハーネス使用頻度や犬の成長に合わせて、定期的に状態を確認しましょう。ハーネスが破れていたり、ほつれていたりする場合新しいものに交換します。
犬の訓練を行う
犬にハーネスを嫌がらないように訓練することも、抜けるのを防ぐために効果的です。ハーネスを装着した状態で、犬に褒めながらおやつやおもちゃを与えましょう。また、ハーネスを装着した状態で、犬を散歩に連れて行くなど、ハーネスに慣れさせるようにしましょう。
犬の行動を観察する
犬がハーネスを嫌がっていたり、噛もうとしたりしている場合ハーネスの装着を中止し、獣医師やドッグトレーナーに相談しましょう。
これらの方法を参考にして、犬のハーネスが抜けるのを防ぎましょう。

抜けにくいハーネスはどんな工夫がされている?

抜けにくいハーネスはどんな工夫がされている?
耐噛みベッド噛み癖があっても破れにくい素材や構造で作られています。そのため、愛犬が安心してくつろぐことができるだけでなく、飼い主さんもベッドの買い替えを頻繁に行う必要がなくなるというメリットがあります。
耐噛みベッドを選ぶ際に以下の点に注意しましょう。
素材:ナイロンやポリエステルなどの丈夫な素材がおすすめです。
構造:クッションが剥き出しになっていない、噛みにくい構造のものを選びましょう。
サイズ:愛犬の体の大きさに合わせて、適切なサイズを選びましょう。
以下に、耐噛みベッドのおすすめ商品をいくつかご紹介します。
エムールのねどっこ
パピーからシニア犬まで、年代に合わせて選べる3Dベッドです。表面は耐久性の高いポリエステル生地、内部はふわふわのウレタンフォームでできています。
アイリスオーヤマ 犬用クッション ワイドL
耐久性の高いポリエステル生地で、水や汚れに強いのが特徴です。また、裏面に滑り止め加工が施されているので、愛犬が動いてもずれにくいです。
リッチェル 犬用ベッド ボンネルマットレス
ボンネルコイル入りのマットレスで、弾力性に優れています。また、側生地は耐久性の高いポリエステル生地で、洗濯機で丸洗いできるのも嬉しいポイントです。
愛犬の噛み癖の程度や、好みに合わせて、ぴったりの耐噛みベッドを見つけてください。