カナガンとモグワンの比較/どっち?違いと口コミ、効果

カナガンとモグワンの比較 ドッグフードの比較

カナガンとモグワンの比較

カナガンとモグワンの比較

カナガンとモグワンの特徴

モグワンとカナガンは販売会社が一緒なので、まず外観から全く同じと思われがちですが、内容が全く違うのが特徴です。どちらも高タンパクで動物性タンパク50%以上と豊富なのが特徴です。モグワンは原材料としてチキン&サーモンが56%、カナガンは骨抜きチキン生肉26%、乾燥チキン25%を使っている点が異なります。また、モグワンはうちの子にお魚がお好きな具合なので、お魚を含んだ配合が採用されています。さらに、今注目のグレインフリーで、モグワンよりカナガンの方が高いお値段をしています。そして、関節サポート成分量もモグワンが80mg/kg、カナガンが50mg/kgで、多く関節サポート成分を含んでいるのも特徴の一つです。

カナガンとモグワンの比較

モグワンとカナガンは食材の原料が異なり、それぞれの効果やコスパも異なります。モグワンはチキンとサーモンの2種類のタンパク質を使用した高タンパク高成分製品で、一袋1.8kgで3,960円で販売しています。配合量は80mg/kgの強力な関節サポート成分で、全犬種向けに8~10mmの直径で5mmの厚みの粒ミックスからなるドーナツ状の詰め合わせを行います。一方、カナガンはイギリス国内でシンプリーペットフーズという会社から輸入され、主原料を骨抜きチキン生肉26%、乾燥チキン25%を使用したタンパク質源プライムドッグフードで、一袋4.356円で一袋1.8kgを販売しています。カナガンは強力な関節サポートを目的とした成分量もあり、調合から粒径、犬のタイプや性別などに合わせた個別の犬用ミックスも可能です。モグワンとカナガンの両方には、口コミ評判の精査がなされており、高品質かつ安全な成分を使用していることを認められています。最終的にどちらも犬が好む、味や食感に優れ食いつきの良いものが選べるので、採用するなら飼い主の好みと犬の嗜好性を考慮して選択することが出来ます。

カナガンよりモグワンにメリットがある犬

モグワンドッグフードとカナガンドッグフード間には多くの違いがあります。モグワンの特徴として、タンパク質・油脂類の質が高いため、少ない量で多くの栄養を摂取でき、若い犬や活動量の多い犬のために適しています。また、サーモンを原料としているため、アレルギーを起こしにくいと言われています。一方、カナガンでは比較的カロリーとタンパク質が高く、成長期の犬に適しています。また、使用する原料の種類が多く、価格も安い、さらに、小さくジューシーな粒で食べやすいというメリットがあります。このように、犬の状況やご家庭の状況によって、モグワンとカナガンのどちらも独自のメリットがありますが、両方を機会に混ぜて使用することもできます。Google検索におけるプライバシーについては、Googleは、ユーザーの個人情報保護と機密性の確保のために、数多くの先取り技術を導入し、ユーザー情報の販売や漏洩を防ぐことを積極的に行っています。また、ユーザーが使用する検索内容を暗号化したり関連性の高い信頼できる情報を提供したりして犬がアレルギーを起こしにくい食材からユーザーの最善の益を図って自動的に動作するなど、ユーザーを守るための様々な技術を採用しています。

モグワンよりカナガンにメリットがある犬

モグワンとカナガンは、共通で低価格で高品質なものとして知られています。モグワンは成犬のタンパク質と油脂類を多く含んでおり、脂肪含有量も多めで犬の食欲を誘います。カナガンはモグワンよりも多くの栄養を含んでいるため、若い犬、試験対策などの必要量の入った栄養供給に最適です。また、カナガンの方がアレルギーを起こしにくい食材を多く含んでいたり、食いつきがいいことなどメリットもあります。以上のように、カナガンがモグワンよりも若い犬におすすめされるメリットがあります。

タイトルとURLをコピーしました