ロイヤルカナンとヒルズの比較/ロイヤルカナンのヒルズ、比較

ロイヤルカナンとヒルズの比較・犬 ドッグフードの比較

ロイヤルカナンとヒルズの比較・犬/ロイヤルカナン

ロイヤルカナンとヒルズの比較・犬

ロイヤルカナンとヒルズの特徴

ヒルズとロイヤルカナンに関して、両ブランドの良い点を比較すると、価格が安いことでヒルズが優位になります。また、ヒルズのドライフードに“リキッド”という流動食を用いているのが特徴的ですが、ロイヤルカナンもリキッドを用いた療法食を提供しています。獣医師が勧めるのは、例えば膀胱炎などの病気に対して、ロイヤルカナンの「ストルバイト尿石」や、ヒルズの「シュウ酸カルシウム尿石」などの特別な療法食で、発狂性コレステロール尿石も発見されるなど、特別な成分を摂取できる食事が提供されていることで判断されます。また、原材料の純度でもヒルズとロイヤルカナンは、高いと評価されています。純度向上に努め、取り入れられた健康関連成分があります。どちらのブランドも、低分子プロテインの導入があるため、満腹感をサポートして栄養を取り入れる時間を短縮できます。まとめると、ヒルズとロイヤルカナンは価格、病気治療用に必要な療法食、取り入れられた成分などが特徴で、獣医師も勧める評価が高い栄養バランスを保ったフードとされています。

ロイヤルカナンとヒルズの比較

ヒルズとロイヤルカナンは、世界でも代表的なペットフードメーカーの兩社で、同じような犬用の栄養補助食品を提供していますが、異なる特徴を持ちます。それぞれの商品ラインナップ、原産国、原料、価格などを比較して、どれが犬のための効果的な栄養補給食品かを評価することができます。ロイヤルカナンは、原材料に高品質の有機肉とその他の天然成分が含まれているため、安全性と有効性の高い優れた品質を持ちます。なのに対して、ヒルズは、穀物を含んだ用途別の療法食も多く提供する場合があり、低価格で犬に適していると言われています。安全性と栄養価を確保しながら、必要に応じたオプションを選択することで、犬の状況に最適な栄養補給食を提供することができます。

ロイヤルカナンよりヒルズにメリットがある犬

ロイヤルカナンとヒルズは、多くの獣医師が勧める定番のドッグフードである。ロイヤルカナンはわずか1辺12mmのサイズで、かつ酸化防止のためミックストコフェロール(ビタミンE)を使用している。一方、ヒルズはわずか1辺7mmのサイズで、低脂肪0.9%などサイエンステクノロジーにも基づいて作られている。また、ハイテクを用いた低エネルギー、低ダイエットなどのメリットもあり、小型犯と大型犬に向けて犬の状態を見極めながら、健康を保つことができるといわれている。

ヒルズよりロイヤルカナンにメリットがある犬

獣医が提案するヒルズとロイヤルカナンの2つのドッグフードは、どちらも穀物が多過ぎるための貧血や寿命を縮めてしまうという懸念があります。そのため、安価、安定した品質といった面や、楽々食べ分け、食べたくなるという施策(フレブル、ドライフード、缶詰、など)に徹底されたロイヤルカナンを選ぶのがベターです。安全性の面でも定評があり、他のドッグフードと比較して小型犬の状態を改善していることも評価されています。

タイトルとURLをコピーしました