PR
スポンサーリンク

犬 尿路結石 おやつ おすすめ/機能の一覧のカテゴリー

愛犬のストルバイト結石に良いおやつ

愛犬のストルバイト結石に良いおやつ
尿のpHを酸性に保つ
シュウ酸カルシウムの結晶化を抑える
尿量を増やす
これらの条件を満たすおやつとして以下のようなものが挙げられます。
クランベリー:クランベリーにシュウ酸カルシウムの結晶化を抑える効果があるといわれています。クランベリーを使ったおやつにドライフルーツやクランベリーパウダーなどがあります。
リンゴ:リンゴに尿のpHを酸性に保つ効果があるといわれています。リンゴを使ったおやつにドライフルーツやリンゴパウダーなどがあります。
マグネシウム:マグネシウム尿のpHを酸性に保つ効果があるといわれています。マグネシウムを含んだおやつにマグネシウム入りのペットフードやサプリメントなどがあります。
また、おやつを与える際1日あたりの摂取量に注意が必要です。おやつの摂り過ぎ肥満やその他の健康問題を引き起こす可能性があります。
具体的なおやつの例として以下のようなものがあります。
ドッグダイナー「おやつ でけっせき(結石)取ります ストルバイト 用80g」
ビィプラス「ベリィベリィ 75g」
ニューヨークボンボーン「犬用 おやつ クランベリーチーズ 80g」
これらのおやついずれもストルバイト結石のケアに配慮して作られています。愛犬の体重や年齢に合ったおやつを選んであげてください。
なお、愛犬にストルバイト結石がある場合獣医師に相談することをおすすめします。獣医師愛犬の状態に合わせて、適切なおやつや食事療法を提案してくれるでしょう。

犬のストルバイト結石とは?

犬のストルバイト結石とは?
ストルバイト結石アルカリ性で尿の濃度が高い環境で形成されやすいと考えられています。そのため、膀胱炎などの細菌感染により尿路が炎症を起こし、尿がアルカリ性に傾くと、ストルバイト結石ができやすくなります。また、水分摂取量が少ない、食事にマグネシウムやリン酸が多く含まれている、肥満などの要因も、ストルバイト結石のリスクを高めると考えられています。
ストルバイト結石の症状結石の大きさや位置によって異なります。無症状のこともあれば、頻尿、血尿、排尿時の痛み、嘔吐、食欲不振などの症状が出ることもあります。また、尿管や尿道に結石が詰まると、尿閉や尿路感染症を引き起こすこともあります。
ストルバイト結石の治療結石の大きさや位置、症状の程度によって異なります。小さな結石であれば、食事療法や水分補給の増加で溶けることがあります。また、結石が大きく、症状が強い場合に手術で摘出することもあります。
ストルバイト結石の予防に以下の点に注意しましょう。
水分摂取量を増やす
マグネシウムやリン酸の多い食事を避ける
肥満を防ぐ
定期的に健康診断を受ける
犬がストルバイト結石の疑いがある場合早めに動物病院を受診しましょう。

犬にストルバイト結石ができてしまう原因は?

犬にストルバイト結石ができてしまう原因は?
つ尿路感染症です。細菌が尿路に感染すると、尿のpHがアルカリ性に傾き、ストルバイト結石ができやすくなります。犬の尿路感染症の原因となる細菌ブドウ球菌や大腸菌が代表的です。
もう1つ尿のpHがアルカリ性になることです。ストルバイト尿のpHがアルカリ性になると析出しやすくなります。そのため、尿のpHがアルカリ性になる原因となるような要因があると、ストルバイト結石ができやすくなります。具体的に以下のようなものが挙げられます。
水分摂取量が少ない
高たんぱく質の食事を与えている
ビタミンAやビタミンDの過剰摂取
甲状腺機能亢進症
糖尿病
犬のストルバイト結石メス犬に多い傾向があります。これメス犬の尿道が短いため、細菌が膀胱内に侵入しやすく、膀胱炎になりやすいことが一因と考えられています。
ストルバイト結石の症状として以下のようなものが挙げられます。
頻繁に排尿する
排尿時に痛みや出血を伴う
排尿が困難になる
血尿
嘔吐
食欲不振
犬にこれらの症状が見られたら、早めに動物病院を受診するようにしましょう。

プロバイオビスケット・クランベリー

プロバイオビスケット・クランベリー
主な原材料小麦粉、グルテンフリー、オーツ麦、チキンミート、クランベリー、乳酸菌です。
クランベリーに尿路感染症の原因となる細菌の繁殖を抑える働きがあるといわれています。また、乳酸菌は腸内環境を整える働きがあります。
ビスケット骨型で小さめサイズなので、小型犬でも食べやすいのが特徴です。
日あたりの給与目安体重1kgあたり2〜3枚です。
以下に、の主な特徴をまとめます。
尿路の健康維持に配慮
クランベリーと乳酸菌配合
小麦粉、グルテンフリー、オーツ麦使用
骨型で小さめサイズ
尿路の健康が気になる犬や、腸内環境を整えたい犬におすすめです。

ビィプラス ベリィ・ベリィ

ビィプラス ベリィ・ベリィ
ブルーベリーとクランベリーの果汁に含まれる抗酸化物質「アントシアニン」「プロアントシアニジン」と、殺菌作用や老廃物の排出を補助する働きをもつ「キナ酸」の力で、目と身体の健康をサポートすると共に尿路の健康も保ちます。
また、青しそエキスや植物成分の「ユッカ」、βグルカン・核酸(ヌクレオチド)を含むパン酵母抽出物が免疫力を維持し健康を保つと共に、食物繊維のマンナン・難消化性デキストリンと、フラクトオリゴ糖の働きで腸内環境を整え、健康をサポートします。
形状粒タイプとペーストタイプの2種類があります。粒タイプ1日5粒程度を目安に、食事と一緒に与えるのがおすすめです。ペーストタイプ1日2〜3回、1回2〜3gを目安に、直接与えるか、フードに混ぜて与えることができます。
国産原材料を使用した無添加・無着色・無香料のおやつサプリメントです。アレルギー体質の犬や猫にも安心して与えることができます。

クランベリージャーキー

クランベリージャーキー
通常のジャーキーと比べて、クランベリーの酸味や甘みが加わることで、より風味豊かな味わいになっています。また、クランベリーにはビタミンCや食物繊維も豊富に含まれているため、犬の健康維持にも役立ちます。
市販品だけでなく、手作りすることもできます。手作りする場合肉や魚を茹でて細かく刻んだ後、クランベリーと一緒にオーブンで乾燥させるとよいでしょう。
与え方のポイント以下のとおりです。
1日に1~2回程度、1回あたり3~4個程度を目安に与える。
犬の体重や健康状態に合わせて、量や頻度を調整する。
犬が食べやすい大きさにカットする。
犬の健康維持に役立つおやつですが、与える際には注意が必要です。犬によってクランベリーにアレルギーを持っている場合があるため、初めて与える際に少量から様子を見るようにしましょう。また、与えすぎてしまうと、肥満や歯周病の原因になるため、適量を与えることが大切です。