PR
スポンサーリンク

犬のヨーグルトの量/際の効果の必要の注意の注意点

犬のヨーグルトの量は?

犬のヨーグルトの適量

犬のヨーグルトの適量は、以下の目安です。

  • 小型犬(体重約5kg):1日に大さじ1/2程度
  • 中型犬(体重約15kg):1日に大さじ1と2/3程度
  • 大型犬(体重約30kg):1日に約100g

ただし、個体差あり。

犬はヨーグルトにアレルギーを起こすことがある?

ヨーグルトは一般的には犬にとって安全な食品ですが、一部の犬はヨーグルトにアレルギー反応を示すことがあります。牛乳アレルギーの犬や乳糖不耐症の犬は、ヨーグルトを摂取すると下痢や吐き気のような消化不良の症状が現れる可能性があります。また、ヨーグルトに含まれる添加物や甘味料も犬のアレルギー反応を引き起こすことがあります。

犬にヨーグルトを与える場合は、以下の点に注意してください:

  1. 最初に獣医師に相談してください。犬の健康状態や特定のアレルギーの有無に基づいて、ヨーグルトの適切な摂取量や種類を判断できます。
  2. 無添加で純粋なヨーグルトを選んでください。添加物や甘味料が含まれているヨーグルトは、犬の消化器官に負担をかける可能性があります。
  3. 少量から始めて様子を見てください。ヨーグルトを初めて与える場合は、量を制限し、犬の体に合わせて徐々に増やしていきます。犬が消化不良の症状を示す場合は、即座にヨーグルトの摂取を中止して獣医師に相談してください。
  4. プレーンヨーグルトを選んでください。フレーバーや添加物が含まれていないプレーンヨーグルトが最も安全です。また、砂糖や甘味料は犬の健康に悪影響を与える可能性があるため、与えないようにしてください。

ヨーグルトを与えてはいけない犬種は?

ヨーグルトを与えてはいけない犬種はありません。ただし、与える際には以下の点に注意してください。

  • 無糖のヨーグルトを選ぶこと
  • 砂糖や添加物が含まれていないプレーンヨーグルトを選ぶこと
  • キシリトールが含まれていないことを確認すること(キシリトールは犬にとって有害です)
  • アレルギー反応が起こる場合もあるため、初めて与える場合は様子を見ながら与えること

犬にヨーグルトを与えるときの注意点

ヨーグルトは犬にとって健康に良い食品であり、乳酸菌の働きにより整腸作用や免疫力増進作用があります。また、牛乳から作られていますが、乳糖が分解されているため犬に安全です。

ただし、いくつか注意点があります。

量に注意

無糖のプレーンヨーグルトを犬に与えることがおすすめです。与える量は犬の体格に応じて調整しましょう。食べすぎると下痢を引き起こす可能性があるため注意が必要です。

冷たすぎると胃腸を冷やす

ヨーグルトはおやつとして与え、ドッグフードを基にバランスを保つようにしましょう。加熱しないで与えるのが良いですが、冷たすぎると胃腸を冷やす可能性があるため注意が必要です。

糖分やフルーツが含まれていないプレーンなもの

初めてヨーグルトを与える場合はアレルギー反応に注意し、少量から始めましょう。加工食品には糖分やフルーツが含まれていることがあるため、確認してから与えることが大切です。