PR
スポンサーリンク

犬 歯石取り スケーラー おすすめ/ランキングの健康のケア

愛犬・愛猫用歯石取りスケーラー

愛犬・愛猫用歯石取りスケーラー
歯石取りスケーラーに大きく分けて「ペンチ型」と「スケーラー型」の2種類があります。
ペンチ型歯石や歯垢をつまんで取り除くタイプのスケーラーです。ペンチ型比較的簡単に操作できるため、初心者でも使いやすいのが特徴です。
ペットの口の大きさに合ったものを選ぶ
歯石や歯垢の量や固さに合わせて、ペンチ型とスケーラー型を使い分ける
安全に使用できるものを選ぶ
歯石取りスケーラーペットの歯の健康を守るために、欠かせないアイテムです。正しく選んで、ペットの歯磨きのお手伝いをしてあげましょう。

スケラーを使った犬の歯石取り

スケラーを使った犬の歯石取り
犬をリラックスさせ、口を開けさせます。
スケーラーの刃を歯石に当て、歯石を削り取ります。
削り取った歯石を、歯ブラシやペーパータオルなどで取り除きます。
すべての歯石を取り除いたら、歯磨き粉を使って歯磨きをします。
スケラー歯垢や歯石を削り取るための器具です。犬の歯石取りに手動式のスケーラーと電動式のスケーラーがあります。
手動式のスケーラー刃の形状や大きさによって、さまざまな種類があります。犬の口の大きさや歯の状態に合わせて、適切なスケーラーを選びましょう。
電動式のスケーラー手動式のスケーラーに比べて、歯石を効率的に除去することができます。しかし、犬が嫌がる可能性があるため、慣れないうちは手動式のスケーラーから始めるのがおすすめです。
犬の歯石取りを行う際以下の点に注意しましょう。
犬が嫌がらないよう、リラックスさせてから行います。
歯肉を傷つけないよう、無理に歯石を削り取らないようにします。
歯石が厚く、歯肉に炎症が起きている場合獣医師に相談します。
犬の歯石取り定期的に行うことが大切です。歯石が溜まると、歯周病や口臭の原因になります。また、歯周病心臓病や腎臓病などの全身疾患のリスクを高めることも分かっています。
犬の歯磨き週に2〜3回程度行うのが目安です。歯磨きができない場合スケーラーを使った歯石取りを、年に1〜2回程度行うようにしましょう。