PR
スポンサーリンク

犬 白内障 目薬 おすすめ/点眼の商品の予防の治療法の治療

犬の白内障の目薬 おすすめ

犬の白内障の目薬 おすすめ
Clarastill【犬用】
主成分としてタフロリジンを含有する点眼薬です。タフロリジン白内障の進行を抑制する効果があるとされています。
カタリンK点眼用0.005%【犬用】
主成分としてタクロリジンを含有する点眼薬です。タクロリジンタフロリジンと同様に、白内障の進行を抑制する効果があるとされています。
ライトクリーン 犬用
主成分としてチオレドキシンナトリウムを含有する点眼薬です。チオレドキシンナトリウム白内障の進行を抑制する効果があるとされています。
これらの目薬いずれも動物用医薬品として販売されており、獣医師の診察のもとで使用する必要があります。
具体的なおすすめの目薬犬の年齢や白内障の進行度合いなどによって異なります。そのため、まずは獣医師に相談して、適切な目薬を処方してもらうことが大切です。
以下に、犬の白内障の目薬を選ぶ際のポイントをまとめます。
主成分
主成分によって、白内障の進行を抑制する効果が異なるため、注意が必要です。
使用方法
点眼する回数や頻度などが異なるため、使用方法をよく確認して使用しましょう。
副作用
すべての目薬に副作用の可能性があります。使用前に添付文書をよく読み、注意事項を守って使用しましょう。
また、白内障は進行性の病気であるため、定期的に獣医師の診察を受け、目薬の使用状況や効果をチェックすることが大切です。

犬は何歳くらいから白内障になる?

犬は何歳くらいから白内障になる?
先天性白内障:生まれつき水晶体が白く濁っている状態です。遺伝や感染症などの原因で発症することがあります。
犬の白内障の症状視力低下、眼球の濁り、瞳孔の変化などです。白内障が進行すると、視力が失われて失明することもあります。
犬の白内障の治療法手術と薬物療法の2つがあります。手術白濁した水晶体を摘出して人工水晶体に置き換える方法です。薬物療法白内障の進行を遅らせる効果がありますが、視力を回復させる効果はありません。
犬の白内障を予防する方法はありませんが、定期的な健康診断を受けることで、早期発見・早期治療につながります。

犬の白内障を予防するには?

犬の白内障を予防するには?
白内障完全に予防することはできませんが、発症を遅らせることは可能です。具体的な予防方法として以下のようなものが挙げられます。
定期的な健康診断
白内障初期の段階では症状がほとんどないため、気付くのが遅れてしまうことがあります。そのため、定期的に健康診断を受けることで、早期発見・早期治療をすることが大切です。
適切な食事と栄養バランス
ビタミンCやビタミンEなどの抗酸化作用のある栄養素水晶体の酸化を防ぐ効果があるとされています。また、オメガ3脂肪酸炎症を抑える効果があるとされています。そのため、これらの栄養素をバランスよく摂取することが大切です。
紫外線対策
紫外線水晶体の劣化を促進すると考えられています。そのため、日中の散歩朝方や夕方など、紫外線の弱い時間帯を選ぶようにしましょう。また、散歩の際にサングラスや帽子などの紫外線対策をすることも大切です。
糖尿病の管理
糖尿病は白内障の原因のひとつです。そのため、糖尿病の犬血糖値を適切にコントロールすることが大切です。
外傷の予防
頭部への外傷白内障の原因になる可能性があります。そのため、犬が頭部をぶつけないように、十分に注意しましょう。
これらの予防方法をしっかりと実践することで、白内障の発症リスクを軽減することができます。