PR
スポンサーリンク

犬 歯磨き 水に入れるだけ おすすめ/ペットの苦手のそんな

犬の歯磨き 水に入れるだけタイプ

犬の歯磨き 水に入れるだけタイプ
通常の歯磨きのようにブラッシングする必要がなく、飼い主の負担が少ないことがメリットです。また、犬が歯磨き嫌いでも、飲み水に混ぜるだけで歯磨きができるため、歯磨きの習慣化を促すことができます。
水に入れるだけタイプの歯磨きに主に以下の2つの種類があります。
液体タイプ:飲み水に混ぜるだけで、歯石や口臭の原因となる歯垢を分解・除去する効果があります。
パウダータイプ:飲み水に混ぜるだけで、歯石や口臭の原因となるタンパク質を吸着して取り除く効果があります。
どちらのタイプも、使用する際は必ず商品の説明書をよく読んで、正しい使用方法を守るようにしましょう。
具体的な商品として以下のようなものがあります。
ジェックス さわやかブレスデンタルケア成犬用
ライオン PETKISS ブレスウォーター
トーラス 歯みがきラクヤー
マインドアップ 犬口ケア オーラルヘルスパウダー
これらの商品ペットショップやインターネットなどで購入することができます。
犬の歯磨き歯周病や口臭、歯垢の蓄積などの予防のために、毎日行うことが大切です。水に入れるだけタイプの歯磨き飼い主の負担を軽減しながら、犬の歯磨き習慣を身につけることができる便利なアイテムです。

歯石は落ちる?水に混ぜる口臭ケア

歯石は落ちる?水に混ぜる口臭ケア
歯石がまだ形成段階の、歯垢が石灰化したばかりの状態であれば、水に混ぜる口臭ケアで歯石が溶け、落ちる可能性があります。
しかし、歯石が完全に石灰化してしまった状態であれば、水に混ぜる口臭ケアでは歯石を溶かすことはできません。歯石を落とすために歯科医院で歯石除去の処置を受ける必要があります。
水に混ぜる口臭ケア歯石の形成を予防する効果が期待できます。歯磨きやデンタルフロスなどのブラッシングで歯垢を取り除くことが難しい部分にも、水に混ぜる口臭ケアで効果的に成分を行き渡らせることができます。
また、水に混ぜる口臭ケアに口臭を抑える効果も期待できます。歯垢や歯石が蓄積すると、口臭の原因となる細菌が増殖します。水に混ぜる口臭ケアに口臭の原因となる細菌の繁殖を抑える成分が含まれているため、口臭を抑える効果が期待できます。
ただし、水に混ぜる口臭ケア歯石を落とすための効果的な方法ではありません。歯石の形成を予防し、口臭を抑える効果を期待して、水に混ぜる口臭ケアを併用することをおすすめします。
水に混ぜる口臭ケアを選ぶ際に以下の点に注意しましょう。
歯石の形成を予防する成分が含まれているか
口臭を抑える成分が含まれているか
ペット用とされているか(ペット用でないもの人間の使用は避けてください)
また、水に混ぜる口臭ケアあくまでも口臭ケアの補助的な手段です。歯磨きやデンタルフロスなどのブラッシングを併用して、しっかりと口腔ケアを行いましょう。