PR
スポンサーリンク

犬は梨を食べれる? メリットや獣医の注意点、愛犬が心配

犬は梨を食べれる?

犬は梨を食べてもOKです。ただ、いくつか注意点あり。

犬に梨を食べさせてても大丈夫?

梨には、犬が食べて問題がある成分が含まれていません。また、梨を食べて犬が体調を崩したというケースも「食べ過ぎ」以外にはないようです。

梨を食べさせる目安としては以下の通りです。

  • 小型犬…1/8~1/4個
  • 中型犬…1/3~2/3個
  • 大型犬…1~1と2/3個

梨は成分の90%が水分で、それほど栄養価がなく、またカリウムを多く含むので利尿作用があります。夏場など脱水時に水分を多めに取らせたい場合や、オシッコをなるべくさせたいときに食べさせると良いほど。ただし、利尿剤を処方されている場合は獣医に相談したほうがいいかも知れませんね。

また、梨にはたんぱく質分解酵素が含まれ、消化機能を改善する効果があります。食欲が無いときに、主食ではなくておやつやトッピングとして小さく刻んで与えるのがいいでしょう。

未成熟の梨の実には「アミグダリン」という有毒物質が含まれているので注意です。梨狩りや梨園の近くを犬と一緒に散歩する際には注意ですね。落ちた実を誤って食べてしまわないように気をつけましょう。

小型犬に梨は注意?

果物の中では、梨は犬にとって比較的安全な食べ物です。

ただ、飲み込む力、消化する力が弱い犬に梨まるごと与えるのはNG。

皮や芯は消化しにくい上に、丸ごと食べると、喉に詰まって窒息する恐れがあります。 特に小型犬やシニア犬には皮と芯を取り除いて、小さくカットしたものを与えてください。

梨以外に犬に与えてはいけない果物

梨はOK、では犬にはNGな果物ってなんでしょう?どういう理由で食べちゃダメなのかな?

ぶどう、イチジク、ドライフルーツ、レーズン、グレープフルーツ、プルーンなど

出典)獣医師監修|犬に与えていい果物・ダメな果物 与える際の注意点も解説

「犬には毒」「犬が中毒を起こす」「糖分が多くて食物繊維が多いため、お腹を下す」などさまざまな理由があるようです。

人間が食べているのを欲しがっているから、あげてみた…というケースが多いようです。

また、意外と注意が必要なのがドライフルーツ系。干しブドウやプルーンのドライフルーツなども要注意。

Simplicity | 内部SEO施策済みのシンプルな無料WordPressテーマ